INFORMATION

キャンペーン情報やスタッフブログなど情報まんさいです。

テラフォーマー\・|・/
Date: / Category:StaffBlog

どうもカマキリ馬場です\・|・/

 

先日、

ここ沖縄で恐れていたことが現実となってしまった。

 

が現れたのだ。

 

幸い、

現れたのが家じゃないのがせめてもの救いか。。。

 

 

あの日、某スーパーに入ろうとしたところ、

 (ここではスーパーの名前は伏せておこう。彼らにはなんの罪もないのだから、、、)

 

カマキリ馬場の目の前を、

それはそれは元気に走り去っていった巨大昆虫。

 

かつて「ムシキング」と呼ばれていたカマキリ馬場。(聞いてない)

 

その大きさにビビりつつも、

ほほぅ。やっぱり自然が多い沖縄ローカルの昆虫は、

ガチマッチョだな。

なんの昆虫だろう、どれどれ、、、(わくわく)

 

えーっと、

この昆虫は、、、(どきどき)

 

 

 

昆虫は、、、、、(ハラハラ)

 

 

 

昆虫。。。。。。じゃないッ!!! (白目)

 

 

 

 

 

テラフォーーーマーーーーー

 

 

 

 

 

肉眼でとらえられた情報によると、

(この時点で現実と向き合うのが困難だった為、確かな情報ではないことを事前に告げておこう。)

 

 

全長10cmはあろう

巨大GKBR

(ここはあえて名前は伏せておくとする。察してくれ。)

 

人の気配を察知したのかしないのか、

ワインレッドのボディを光らせ、

人類の目の前を悠々と横断し、夜の闇へと消え去って行ったのだ。

(カマキリ馬場、完全現実逃避中)

 

 

実は、

カマキリ馬場の故郷の「蛾」なんかもモスラ級にデガイので、(いらない情報)

大きさに対しては免疫力があるほうだと自負していたが、

 

沖縄ローカルの虫には完敗の夜だった。

 

 

 

精根尽き果てて帰路につくカマキリ馬場。

そこでさらなる恐怖が襲い掛かるのだ。

 

 

車から降りると、

そこには、

 

 

 

 

 

完全にムーンサルトプレスされた後の、

得体の知れない虫(ガラケーサイズ)が

レフリーストップを待っていた。。。

 

 

 

 

 

KーーーOーーーーー!!!

 

 

 

 

追記:

研究結果を報告する。

 

【沖縄ローカル生物】

とにかくデカい。

えげつない色と光沢。

得体の知れない容姿。

出会ったことのない生物の数;未知数。

(この研究結果は思考停止状態で行ったものであり、あくまでも個人の見解だ。

真実が知れたければ、その目で確かめてほしい。)

 

以上。

 

ハマーH2黄 1-2

 

ハマーに乗って、

海へ

マングローブへ

やんばるの森へ

探検だ!!!